目の下 たるみ 改善

MENU

目の下のたるみはなぜ起こる?原因と改善方法をまとめました

目の下がたるむと、顔が疲れたような生気がないような老けたような、鏡を見たくないような顔になりますね(涙)

 

こんな厄介な目の下のたるみはなぜ起こるのか、改善するにはどうしたらよいのか、まとめてみました。

こんな症状は目の下のたるみが原因…なぜたるんでしまうのか解説します!

目の下の黒っぽいクマや、目の下から斜めに伸びるゴルゴ線…これらの症状は『目の下のたるみ』によって引き起こされています。

 

目の下がたるむと老けた印象を与えてしまうのでどうにか予防・改善したいもの。

 

まずは、目の下のたるみの原因をまとめてみました。

目の下のたるみの原因@むくみ

目の周りの血液やリンパの流れが悪くなると、目の下がむくみやすくなってしまいます。その結果、肌のハリが低下し、溜まった水分や老廃物の重みで皮膚がたるんでしまいます。

目の下のたるみの原因A筋力低下

目の周りの眼輪筋が衰えることも目の下のたるみの原因となります。特に、涙袋が目立つ方は要注意!涙袋は筋肉の盛り上がりが大きいと目立つので、筋肉が衰えると一気にたるみやすくなってしまいます。

目の下のたるみの原因B肌のハリ低下

加齢などの影響によって真皮層の弾力が低下すると肌のハリが減ってたるみにつながってしまいます。目の下の皮膚は薄いため、真皮層の衰えが表面に表れやすいんです。

目の下のたるみの改善方法はこの3つ!

目の下のたるみを改善するために、原因に合わせた3つの方法をご紹介します!

改善方法@血流促進

目の下の血流を促進することで目の下のむくみを解消できます。

 

目の下の血行を良くするためには、温めて冷やすことが有効です。温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てることで効果的に目の下のむくみ対策ができます。

改善方法A眼輪筋の筋トレ

目のまわりの筋肉『眼輪筋』のトレーニングをすることで皮膚を引き上げ、たるみを改善する力をつけることができます。

 

ここでは簡単な筋トレ法を2つご紹介します。
筋トレ@ウィンク体操
頬ではなく下まぶたを動かすことを意識して強くウィンクをします。
筋トレA上まぶた固定体操
眉毛付近に手を当て、上まぶたが下りてこないようにします。そのままの状態で下まぶたを上に引き上げるイメージでまばたきをします。筋トレは回数にこだわらず、一日に何回か行うと効果的です。空いた時間に実践してみてください!
改善方法Bハリアップスキンケア
肌にハリを出すためにはスキンケアが重要です。ハリをアップさせる効果や、コラーゲンの生成をサポートする効果のある目元用クリームなどを使用し肌の弾力を高めることで目の下のたるみを改善することができます。

 

 

目の下のたるみはすぐには解消できませんが、これらの改善方法で目立たなくすることができます。

 

それぞれの改善方法を継続することが大事なので、諦めずに続けてみてくださいね。

 

優しい使い心地は目元にもぜひ!↓↓↓
たるみ改善化粧品ランキングに戻る!