まぶた たるみ 改善

MENU

瞼のたるみはなぜ起こる?原因と改善方法をまとめました

まぶたがたるんでくると、アイメイクが決まらなかったりアイラインがいつにも増して滲んでしまったり、苦労が増えてしまいますね。

 

ここでは、瞼がたるむ原因や改善方法についてまとめています。参考になれば幸いです♪

瞼はたるみやすい場所!その原因はこれ!

瞼の皮膚は薄く皮脂も少ないため乾燥しやすく、たるみやすい場所と言うことができます。

 

瞼のたるみを加速させる原因にはいくつかあります。まずは、瞼のたるみの原因3つをまとめてみました。

原因@乾燥

まぶたの乾燥が進むと外部刺激に非常に弱い状態となり、キメが乱れやすく、ハリが低下しやすくなります。これが瞼のたるみの第一段階です。

原因A眼精疲労(血行不良)

目の疲れが続き、血行不良やドライアイになるとリンパの流れが悪くなって老廃物や水分が溜まりやすくなります。

 

ハリも低下しますし、その重みで瞼のたるみを悪化させてしまうことにもなります。

原因Bメイクの刺激

アイライン、アイシャドウ、つけまつ毛など、瞼にはたくさんのメイクが施されますよね。

 

メイクをする時に皮膚を引っ張ったり、メイク落としの際にゴシゴシこすることも瞼のハリを失わせたるませてしまう原因となります。

瞼のたるみを改善するためにはこんなケアを♪

瞼のたるみの原因が分かったところで、次は改善方法です。

 

瞼のたるみ改善法3つをまとめてみました!

改善法@保湿

乾燥を改善するために、瞼の保湿にこだわりましょう。オススメなのは目元用の美容液やクリームです。

 

目元専用のものは保湿力が高く、低刺激な処方になっていることが多いので、乾燥しがちな瞼を優しく保湿することができますよ。

改善法A目元のストレッチ・エクササイズ

眼精疲労を解消し、目元の血行を良くするためには目元のストレッチが有効です。
手順@目をギュっと閉じ、8秒間キープ!
手順A目の力をゆるめ、目をパっと大きく開く。そのまま8秒キープ!
手順Bゆっくり元に戻す。

 

また、こちらのエクササイズでは眼輪筋を効果的に鍛えることができます。目元のストレッチのあとに行ってみてくださいね。
手順@目を大きく開き、八の字を描くように目をぐるぐる回す。(5回)
手順A同様に、反対も行う。(5回)

改善法Bメイク・クレンジング時の刺激を避ける

たるみを加速させてしまう摩擦刺激を抑えるために、メイクやクレンジングに少し配慮を加えてみましょう。

 

例えば、アイラインやマスカラはぬるま湯でオフできるものに替える、クレンジングはジェルやミルクなど比較的肌に優しいものを選ぶ…などです。少しの工夫でも瞼のたるみを改善する助けになりますので対策を考えてみてはいかが?

 

 

瞼のたるみは進行すると自力では改善しにくくなってしまいます。原因を見極めて、早めの対策を取っていきましょう!

 

まぶたにもぴんとしたハリ?!たるみ改善化粧品ランキングに戻る♪