たるみ 化粧品 50代

MENU

50代におすすめのたるみ改善化粧品:おすすめ機能や成分を解説!

50代の女性はそのライフスタイルも様々でしょう。子育てが一段落して少しのんびりできるようになった方もいらっしゃれば、お仕事で責任ある立場を任されて忙しい方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、様々なライフスタイルを送る50代女性に共通していることが1つあります。

 

それは、「女性ホルモンの減少」という体の変化です。実は、これこそが「たるみ」の大きな要因になっているということ、ご存じでしょうか?50代女性の肌の変化は、「女性ホルモンの減少」と切り離して考えることはできないんですよ。

 

ここでは、多くの方が「たるみ」を実感する50代の体の中でどのようなことが起こっているのか、たるみを改善するためにはどんな化粧品を使用するのが良いのか、解説していきたいと思います。

女性ホルモンが減るとこんな変化が!肌の水分、弾力、血流…全部低下!?

40代後半から50代にかけては、「更年期障害」に悩まされ始める時期と言われています。ご存知の通り、その原因は「女性ホルモンの減少」にあります。

(画像:http://www.dojimalife.net)

 

女性ホルモンは20代〜40代前半までに分泌のピークを迎え、その後は急激に分泌量が減少します。そのため、50代は体や肌に変化が現れてしまう時期となるんですね。

 

この女性ホルモン、妊娠や出産に関わるものというイメージが強いかもしれませんが、実は女性の「美肌」とも深い関係があります。

 

例えば女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)には、肌に水分を蓄えたり、皮下脂肪を増やして肌をふっくらさせたり、肌の血行を良くしてツヤやハリをアップさせる作用があります。また、皮膚のコラーゲンの生成も助けるとされ、エストロゲンは、「美容ホルモン」とも言われるほど美肌と深くかかわっています。

 

また、プロゲステロン(黄体ホルモン)は皮脂分泌量をアップさせて肌の潤いを保持したり、体に水分をため込んだりする作用があります。

 

50代になると、この両方のホルモンがガクっと減りますから、水分を保持する力、皮脂分泌量、肌のハリやツヤ、肌の弾力、血流、皮下脂肪…などが減ってしまうという変化が起きるのです。

 

そもそも皮膚の弾力成分(コラーゲンやエラスチンなど)は、加齢や紫外線などの影響で50代になる前からすでに減少が進んでいます。が、以上見て来たとおり50代ではここにさらにホルモンの減少が加わって、さらにたるみが加速していくのです。そのため、50代になると肌のたるみが顕著になりその変化に悩む方も増えてくるんですね。

 

今までのスキンケアでは対処が追いつかなくなり、どうすれば良いか悩んでいる方も多いかもしれません。

50代のたるみはこんな化粧品で改善できる!体の変化だからと諦めないで♪

このように、加齢や紫外線等のたるみを加速する要因に、ホルモンの減少というもう一つの要因が加わり、安い化粧水をたっぷり使って保湿するといったような単純なスキンケアではたるみに太刀打ちできなくなってくるのが50代の肌。

 

 

こう言うと何だか救いようがない気がしてきますが、そんなこともありません。

 

確かに50代の肌では水分保持能力も弾力成分も40代、30代と比較するとずっと少なくなっていますが、その肌で、もう一度コラーゲンを作ったり保水能力を上げたりということは不可能ではないんですね。


ただもちろん、そのためには使う化粧品に含まれる成分で何ができるのかを理解して選ばないと、自分の目的に合致しない化粧品を選んでしまいかねません。

 

さて、では以下に、50代のたるみ肌にハリを取り戻すためにおすすめの化粧品成分をご紹介します。自分のたるみに効く化粧品選びの参考にされてみてください。

50代のたるみ肌におすすめの化粧品成分はこれ!

プロテオグリカン

プロテオグリカンは近年注目度がどんどん高まっている成分です。成長因子(EGFなど)と類似の働きをする成分として知られるようになりました。

 

プロテオグリカンは、皮膚の繊維芽細胞を活性化させる働きがあるとされます。繊維芽細胞とは皮膚内でコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞で、50代になるとその数が減少し、働きも弱まってしまいます。このため、この繊維芽細胞を活性化させることで、もう一度皮膚がコラーゲンやヒアルロン酸を作れるようにすることができるのですが、プロテオグリカンはこれを助ける効果が期待できる成分なのですね。

 

また、プロテオグリカンは肌内部の活性化だけでなく、肌表面においてはヒアルロン酸を超えるとても高い保水力を発揮します。つまり、肌の内側と外側の両方からハリを作る成分と言えるのです。

 

肌馴染みが良く肌荒れ防止作用もあることから、敏感肌の方にも使いやすい成分となっています。

 

>>プロテオグリカン配合の50代におすすめの化粧品て?

 

CVアルギネート

CVアルギネートは、成分の名前としてはあまり知られていませんが、これも皮膚の繊維芽細胞の働きをサポートしコラーゲンの生成を助ける成分です。

 

CVアルギネートは実は有名な化粧品会社であるポーラのオリジナル成分。ポーラが独自に開発した成分なので、他の会社の化粧品には含まれないのです。

 

このCVアルギネートは、皮膚のコラーゲン産生量が通常よりも170%もアップしたとの実験結果が出ており、50代の肌のたるみ改善に非常に期待が持てる成分となっています。

 

>>あの人気化粧品にCVアルギネートが入っている?!

 

セラミド

セラミドは、ヒアルロン酸などよりもさらに高機能な保湿成分として知られます。

 

セラミドは、角質細胞の間をセメントのようにつなぎ合わせている「細胞間脂質」の約半分を占める成分で、これが不足すると細胞の隙間から水分が蒸散しやすくなり、50代の肌の乾燥をさらに進めてしまうのです。そして乾燥が進めばたるみはさらに悪化することはみなさんご存知ですね。

 

このため、セラミド入りの化粧品で皮膚のセラミドを補うことで、お肌が水分をキープする能力を補うことができるというわけです。

 

なお、化粧品に含まれるセラミドには、私たちの肌に存在するセラミドと同じ「ヒト型」以外にも、植物性のセラミドなどいくつか異なる種類があります。特に高い保湿力を期待する場合は、やはりヒト型セラミドが望ましく、さらに分子が小さく角質層に浸透しやすいもの(「ナノセラミド」)を選ぶと良いでしょう。

 

>>ヒト型ナノセラミドが配合されたたるみ化粧品て?

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定化させ、浸透力を高めた成分です。抗酸化力が強く、肌の「酸化」を遅らせて老化を抑える作用がある物質です。コラーゲン生成を促進する効果もあるため、エイジングケア化粧品に配合されることも多い成分です。

 

ただし、人によっては乾燥を感じたり肌に刺激になることもあるため、少々慎重に選ぶことが必要です。

プラセンタ

肌を再生させる作用がある成分です。肌の新陳代謝を高め、キメを整えて滑らかさをアップさせられる成分です。たるみをはじめとする、エイジングサインのケア成分としても注目されています。

 

コエンザイムQ10

こちらも抗酸化力が期待できる成分です。50代の肌に潤いとハリを与え、たるみを改善してくれる成分です。

 

イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをする成分です。50代の肌を滑らかな状態に導き、潤い保持力を高めてたるみを改善する効果が期待できます。

 

50代のたるみ肌におすすめの化粧品の特徴とは?

上記では、50代のたるみ肌に効く化粧品の成分をご紹介しましたが、もう一つ化粧品選びにとても大事なことがあります。

 

それは、ごわついて角質が硬くなってくる50代の皮膚にも充分浸透できるということ。

 

化粧品の浸透性という意味では成分の分子が小さいかどうかが注目されますが、もう一つ、ベースとなる水にも注目してみると良いでしょう。

 

化粧品はベースに精製水などを使用していますが、ブランドによっては特徴のある水を使うことで浸透性を上げたりしています。

 

例えば、通常の精製水より分子が小さく、中に含まれるミネラルが美容成分の浸透を促す温泉水をベースに使っている化粧品なども登場しています。

 

50代になって肌のごわつきが気になってきたという場合は、こういった化粧品を選んでみても良いでしょう。

 

>>温泉水を使った50代におすすめの化粧品て?

 

もう50代だからとあきらめるのはもったいない!

 

実際、50代の肌でもびっくりするほど若見えが止まらない化粧品も探せば見つかります。

 

自分に合った正しい化粧品を選んで、「50代?!見えない!!」と言われてしまいましょう♪

 

たるみに効く化粧品ランキングに戻る!