あご たるみ 改善

MENU

あごのたるみ・二重あごはなぜ起こる?原因と改善方法まとめ

あごのたるみ・二重あごは、フェイスラインをぼやけたものにし、顔全体の印象を老けさせます。

 

このあごのたるみ、二重あごはなぜ起こるのでしょう?また改善方法はないのでしょうか?

あごのたるみ・二重あごの原因をまとめました

太ってもいないのにあごが二重に…こうなってしまうのは、あごのたるみが進んでしまっているからなんです。

 

あごのたるみ・二重あごの原因はいくつかありますが、その中の代表的な3つをまとめてみました。

原因@むくみ

あごの下のリンパの流れが悪くなると、水分や老廃物が溜まりやすくなってむくんでしまいます。

 

その重みで皮膚が下がり、たるみ・二重あごとなってしまいます。

原因A肌のハリ低下

加齢や乾燥などで肌のハリが低下することもあごのたるみ・二重あごの原因となります。

 

二重あごを何とかケアしようとして強くマッサージするなどの行為も肌のハリを低下させてたるみを加速させてしまいます。

原因B筋肉の衰え

あご周辺の筋肉(顎舌骨筋、顎二腹筋、オトガイ舌骨筋)が衰えると皮膚を支える力が弱まり、あごのたるみ・二重あごの原因となります。

あごのたるみ・二重あごの改善方法をまとめました

あごのたるみ・二重あごを改善するためには上記の3つの原因を解消すれば良いんです。

 

そのためには、こんな方法が効果的ですよ。

改善方法@保湿ケア&リンパマッサージ

あご周りの保湿はたるみ・二重あご改善の第一歩です。意外と忘れがちな部分なので、意識して保湿化粧品を塗って皮膚を柔軟にし、ハリを出しましょう。

 

化粧品を塗る時に、あごの下から鎖骨付近まで上から下になでおろすようにすると簡単なリンパマッサージとなり、むくみ解消効果が生まれますよ。

 

保湿ケアとむくみケアは同時に行うのがおすすめです。

改善方法A筋トレ

あごのたるみ・二重あごを改善するためには顔の筋トレが効果的です。

 

あごの筋肉を鍛える筋トレ法はたくさんあるので、ここでは1つだけご紹介します。

 

手順@背筋をまっすぐにのばし、上を見る。
手順A口を大きくあけて5秒キープ。
手順B5秒かけてゆっくりと口を閉じる。
手順C下あごを突き出して5秒、戻すのに5秒。
手順D舌を垂直に突き出して5秒、戻すのに5秒。
手順Eゆっくりもとの姿勢に戻る。

 

この筋トレではあごの筋肉を広範囲にわたって効率的に鍛えることができます。早い方だと2週間くらいで効果が現れてくるようなので頑張って続けてみましょう!

 

あごのたるみ・二重あごは複数の原因が重なって悪化していることも多いんです。そのため、ここでご紹介した「保湿ケア」「むくみケア(マッサージ)」「筋トレ」を平行して行ってみてくださいね。

 

まずは最低2週間!それぞれのケアを継続してみましょう♪

保湿ケアにおすすめの化粧品は?

上記でもご紹介した通り、たるみ改善には保湿ケアが必須です。

 

どんな化粧品を選ぶときちんと保湿ができ、たるみ改善効果が期待できるのかは、別項目で詳しくご紹介しています。

 

リンパマッサージや筋トレと合わせて、高い効果が期待できる化粧品でさらにたるみ改善を図っていきましょう♪

 

 たるみ改善におすすめの化粧品とその選び方!